【重要】日付の切り替わり時刻変更について


四柱推命では、23時で日付が切り替わる流派と
24時で日付が切り替わる流派があります。

 

愛され四柱推命ではこれまで

「日付は24時で切り替わる」と考えてきましたが、

「愛され四柱推命ラボ」を立ち上げ新しい読み解き方を研究する中で、

改めて「出生時間」の大切さを感じました。

 

それをきっかけに、なぜ日付の切り替えが2つあるのか

ということについても考察をはじめました

 

 

その理由は、太陽暦は【24時】で日が切り替わり、

旧暦は【23時】で日が切り替わるからでした。

 

四柱推命では通常旧暦を使うので、

本来は23時で日を切り替える方が正しいと思われます。

 

ただ昔は、出生時間が分からない人も多く、

また出生状況や国内時差を考慮すると、

11時台はその日と翌日どちらの可能性も否めないため、

分かりやすくするため24時に合わせたのではないか?と感じました。

(時間だけ太陽暦を使う明確な理由は探せませんでした。)

 

 

今は出生時間を知っている人も多く、

新しいシステムリリースするタイミングで沢山の人に伝わる時だからこそ、

愛され四柱推命としては理由が明確な方を選びたいと考え、

日付の切り替えを23時に変更しました。

 

 

セルフ鑑定の際、23時台生まれの方は次の日を入力して鑑定をしてください。

 

星の活かし方が分かる7日間ステップメールの詳細はこちら