Rokka Kozuki

星を活かしたら、人生に成長と許しが生まれました

 


私が愛され四柱推命に出会ったのは

2人の子どもを「未婚の母」として出産し
一人で、悶々としながら年子育児と仕事に明け暮れていた頃でした。  


当時の私は、「この子達を『普通の家庭』に生んであげられなかった」という思いと共に
大好きな仕事に対して、責任を全うできない事に悩んでいました。



私の仕事は、
業界未経験の人材を採用し、根気よく育てていく。という役割

人の成長を見守るのが大好きで、お節介な「己&偏官」の私には、
一緒に泣いて、笑って、励まし合いながら
日々成長していく後輩社員を見守れることが、本当に喜びであり

「何をやっても充実感が得られない」と7回ほど転職してきた末に出会えた、
やりがいを感じられる仕事でした。


でも、その大好きな仕事が
子どもが生まれた事によって、自分を追い詰める原因にもなりました。



シングルマザーの私は

「熱が出た」と保育園から電話があれば、面接を他の人にお願いして迎えに行かなければならない。
後輩の相談やグチを聞いてあげたいけど、夜は家に居なければいけない。
トラブルがあった時も緊急対応が出来ない。

そして、仕事に気を取られて
自分の子どもに身が入らない事も多々あり…

「仕事」と「母」としての自分のバランスに悩むことも多かったです。 



そして、7人で始まった会社が、
いよいよ第一目標であった社員100名超すぞ!!という頃

私は喜びや達成感よりも…猛烈な不安を覚えるようになっていました。 


忙しすぎるのかな?
次の会社目標が高過ぎてプレッシャーなのかな?

と色々自分の心を探る中で…


ある日、自分の命式をじっくり見ていたら

「この仕事に対するモヤっとした気持ちは、社員一人ひとりに
誠意をもって接するという事が出来なくなっている」という気持ちから湧いてきている…

それに気づいた時、認められた時
大人になって、久しぶりに わんわん声を上げて泣きました。


私の持っている、熱血個別指導タイプの「己」や「正財」の気質には
一人一人との繋がりが薄くなってしまうスタイルはしっくりこない。と実感したのと同時に

子どもに向けられる気持ちの余裕が欲しい、

愛され四柱推命を始めてから見つけた、
自分の創造性や感受性をもっと深めて表現してみたい。

そしてもっと広い範囲の人に、四柱推命と言うツールを使って、
「可能性」を育てる仕事がしたい。

と目標が変わって来ていることに気づくことが出来ました。



私は、「自分の人生を輝かせたい!」と思うならば

自分の中のどんな部分を、より「育て」、どんな部分を「許していく」のか。
を見極めていく事が大事だと思っています。


私にとって、「人の成長が見たい」という己の質は
より育てたい部分であり、許したい部分でもありました。


だからこそ、

会社の社員と自分の子ども達を育てるためだけに使っていた己の質を
制限のある形から、開放していきました。


おかげさまで、山形、島根、高知と地方にも広がる形でお弟子さんが生まれ

小学4年生のお子さんから、主婦、男性経営者、学校の先生、美容師さんなど
幅広い方が鑑定を受けに来てくださるようになりました。



会社勤めだった頃は、
いつまでも自分の大地で育って欲しい…。

という束縛にも似た思いが強かったけど


今は、タンポポの綿毛のように、
ご縁に運ばれて私のところに立ち寄ってくださり、

また可能性という風に吹かれて
新天地に向けて飛び立っていかれるのも、嬉しいものだと思えるようになりました。



愛され四柱推命に出会い、

自分の持って生まれた宝物を知ることが出来て
そして、それを更に育てる、深められる力を得られたことを

心から嬉しく思います。


これを読んでくれている皆さんの人生も、可能性に溢れています(*^^*)

それを知り、受け取り、育んでくれることを、
一鑑定師、講師として心から願っています!!




香月 六花(こうづき ろっか)

 

 

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;

 

代表:宇野優子より☆

 

 

六花さんは、例えて言うなら

「武士」みたいな人だなと思います^^

 

武士には武士道があるように

六花さんの生き方にも「道」を感じるんです。

 

 

それは、計り知れない行動力の後ろに

いつも信念と誇りと、そして深い愛があるから。

 

 

 

未婚で2人の子供を産み

 

育てながら、働くって...

 

 

その全てを引き受ける覚悟、本当尊敬します。

 

そして六花さんは、独学で

西洋占星術や算命学も学んでいて

 

自分が納得するまで追求する姿勢は、

どの場面においても光っています。


女性だけではなく、

男性からの鑑定依頼が多いのも、納得です!!

 

というと、なんだか近寄り難く感じるかもしれませんが

実は、とっても可愛いくて無邪気☆

 

読みかけの漫画片手に待ち合わせに現れたり

 

 

講師の1人が、六花さんの前で着替えを始めると

顔を真っ赤にして両手で顔を覆っていたり(笑)

 

 

 

可愛すぎて、ギャップに萌えます☆

 

あと、本人はごく普通のことと思っているっぽいですが
リーディング能力がとても高くて

「それ、誰にも言ってないのに!」

ということを、さらっと言われて驚いたことが何回もありました(驚)

 

そのリーティング能力をいかんなく発揮しているのが

六花さんが紡ぐ星の物語。

 

四柱推命の星について書いてある物語なのですが、一話一話が小説レベルです。

 

 

 

HPから読めますので、自分の星だけでも、ぜひぜひぜひ、目を通してみてください。

 

 

 ◆HP

『えんめぐり』
  https://enmeguri.info/
 

 ◆紹介動画

 https://www.youtube.com/watch?v=hR34gXB5pJw

 

 

 

 

 

 

悩みは魂の輝きへ♡
9日間で私の可能性を見つける!
セルフ鑑定メール講座の詳細はこちら

ayako