2月

 

〜2月の運気『スタートダッシュNG!じっくり着実に歩を進めよう』〜

 

 

 

2023.2.4〜2023.3.5【甲寅

 

 

 


2月(2/4~3/5)は
「甲寅」という干支が巡ってきます。
甲は樹木を表し、寅は初春を表すので、
初春の樹木のイメージとなります。



冬も終わりを告げ、暦上は春がやってきた
けれども、まだ寒い日も多くある。
そんな時期に咲く花木を見ると、
春が来ることが待ち遠しくなりますよね。



私たちの期待を一身に受けて、まだ寒い日も
ある中、樹木は春の訪れを知らせる花を
咲かせるために頑張っています。



2月は、花を咲かせるための努力を惜しまず
地面の下では根をしっかりと張って、
枝は上へ上へと伸ばして成長することが
できる運気といえるでしょう。



そのためには、盤石な土台が必要です。
まずは自分の立っている位置や環境を認識し
しっかりとした土台を作っていくことを
意識してみてください。



土台がしっかりとしていれば自然と根を張り
枝葉を伸ばして成長することができます。
エネルギーを蓄えて美しい花を咲かせる
準備を整えていきましょう。



2023年がスタートし、のっけから全力で
エネルギーをかけていきたい!という人も
中にはいるかもしれません。



ですが、樹木はじっくりと時間をかけて
成長していきますので、焦らず実直に
一歩一歩を心がけてみてください。



花を咲かせよう!と躍起になるのではなく
まずは幹を太くすること、根を張ること、
枝葉を伸ばして太陽が良く当たるようにする
こと、などを意識してみてください。



美しい花を咲かせることができるのは
その努力の当然の結果。



何事も、無理な力をかけ過ぎない。
楽しく自然体であることを忘れない。
そんな2023年の運気も感じつつ、今月は
無理のなり程度に自分を一歩一歩
成長させていくことが大切です。



ここからは、日柱の十干ごとに
開運ポイントをお伝えします。


日柱の干支はこちらから調べられます(^^)/
https://www.aisare-fourpillars.com/self/

日柱の干支の、左側の漢字が十干です。



★甲(樹木)…比肩・建禄
いつもよりも無理のきくひと月になりそう。
頑張りたい気持ちは認めてOKだけど、
頑張り「すぎ」はNG!!
ここまでなら頑張れそう、と考えておいて
から着手するのが良さそう。



★乙(草花)…劫財・帝旺
遠慮せずに、自分の願望を伝えて。
自分がどうしたいのかが分からない時は
身近な人で願いを叶えている人を参考に
してみて。自分だったら…と考えてみると
何かヒントになるかも。



★丙(太陽)…偏印・長生
親や先生に言われた事で今でも根強く
自分の中に残っている価値観があったら、
「今」の私に合うようにアップデートして。
占いの力を借りたり、信頼できる人の言葉を
参考にしてみるのも良さそう。



★丁(お月様)…印綬・死
いつも以上に感受性が高まる時。
キャッチする力が大きくなるので、神社や
パワースポットへ出かけると必要な答えが
見つかるかも。
悪い気ももらいやすいので注意!



★戊(山)…偏官・長生
エネルギッシュに動けるひと月。
今までやってみたかった習い事や学びをして
みましょう。仕事に役立つ習い事もよいです
が、心がときめいてワクワクするような事が
おススメです。



★己(大地)…正官・死
自分に厳しくなってしまいがちな運気。
特に仕事ではきっちり完璧を目指してしまい、
周りの期待も全部背負って苦しくなりそう。
手綱を緩めるように、多少力を抜いた方が
良い方向に進むので、リラックスを心がけて。



★庚(金の延べ棒)…偏財・絶
ものすごい額のお金が動きそう。
これまでの自分の制限を超えた金額の
お買い物をするのかもしれません。
未来の自分への投資だと思って気持ちよく
お支払いすると、想定していないルートから
お金が巡ってきそう。



★辛(宝石)…正財・胎
毎日のルーティンに何か新しい事を加えて。
日々、積み重ねていくことで大きな成果を
得ることが出来そう。
短いスパンではなく、長い年月をかけて育む
ことができるものを今月から始めてみましょう。



★壬(海)…食神・病
身体をしっかりと休める時。
ゆとりのあるスケジュールにして、睡眠を
たっぷりと取りましょう。
自分の身体の声を聴いて、メンテナンスが
必要であればプロの力を借りて疲れを癒して。



★癸(雨)…傷官・沐浴
自分の大切にしている事や信念を、アートや
文章で表現してみて。
目に見える形にすることで、輪郭がくっきり
してくるので、自分の考えがまとまったり
周りにも理解してもらいやすくなります。





2023年は「癸卯」という干支が巡ってきます。
癸は雨、卯は春を表すので、イメージは
優しく降る春の雨です。



2022年の「壬寅」(春の海)は、ワクワク
しながら大海に漕ぎ出そう!という運気で
仲間と新しいことにチャレンジしたり
これまで止まっていた時間を取り戻すように
行動的になった人も多かったと思います。



それに比べると、「癸卯」の運気はもっと
繊細な感じや柔らかさが感じられ、
流れに身を任せるような軽やかさだったり、
花々が恵みの雨をたっぷりと浴びて美しく
花開く様子だったり、全体的に優しく
穏やかなイメージが浮かんできます。



これまでは多少の無理をして行動を起こそう
と頑張ってきた人も、自然な流れの中で
軽やかに行動できたり、無理をせずとも
これまでの成果が花開くような、そんな運気
なのではないかなと思います。



少し肩の力を抜いて、周りを見回してみると
実はたくさんの愛情を注いでもらっていた事
に気付けたり、できてないと思っていたけど
実はちゃんと前に進んでいたり。



自分の恵まれていることに感謝しながら
それを循環していく。
自分が受けた恵みの雨を、また別の誰かに
注いでいく。
そうすることで自分も成長していくことが
できるし、社会全体にも大きな循環を生む
ことができるのではないかなと思います(^^)



卯は春を表すと前述しましたが、
春はやはり ワクワクしますよね♪
また、「癸卯」からは食神という星と
長生という星が導き出されます。

食神は遊びの星、長生は子どもの星です。
子どものように、楽しいと思えることを
遠慮なくする、ということも今年の
開運ポイントだと思います。





いかがでしたか?
新しい年の始まりのひと月。
ぜひ何かのきっかけにしてくださったら
嬉しいです(^^♪


ぜひ、あなたが自然体で楽しめる事を見つけ
2023年を過ごしてみてくださいね。

愛され四柱推命認定講師

髙坂きょうこ

Blog
『あなたのコミュニケーション力 UP をお手伝い』
愛され四柱推命鑑定師・髙坂きょうこ

https://ameblo.jp/k-kousaka/



悩みは魂の輝きへ♡
9日間で私の可能性を見つける!
セルフ鑑定メール講座の詳細はこちら

ayako